インフルエンザの症状と予防

目次

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが喉や肺などの呼吸器に感染して発症する病気(気道感染症)です。

インフルエンザウイルスは毎年冬になると活発になり、感染が広がって流行します。
また、インフルエンザウイルスは猛烈なスピードで変異し続けるので、毎年ウイルスの形が変わります。
このため、インフルエンザのワクチンは流行しているウイルスに合わせて接種しなければなりません。

インフルエンザは一般的に重い症状で、予防するには予防接種が第一であるという認識が根強く残っております。
しかしながら、予防接種よりも確実で安心できる予防方法もあるのです。

当サイトではインフルエンザ治療薬であるリレンザを第一選択肢として、インフルエンザを予防や治療を行う手段を提案しております。

▲目次に戻る

インフルエンザと風邪

そもそもインフルエンザは普通の風邪と違うのでしょうか?
これに関しては賛否両論があります。
つまりインフルエンザを「普通の風邪よりも重い疾患であり、症状が重くなると脳症を引き起こす危険な病気」ととらえるか、「治療薬を使わなくても、症状さえ乗り切れば自然と治るありふれた病気」ととらえるかです。
どちらも間違えてはおりませんが、インフルエンザの症状は人によって個人差が出てしまうので一概にどちらが正しいかを判断することはできません。

一般的に風邪は普通感冒と言われ、鼻水や咳、発熱などといった症状が段階的に出てきます。
これに対してインフルエンザは流行性感冒となり、感染してから潜伏期間を経て突然重い症状が出てきます。
インフルエンザは自覚症状がない潜伏期間にも感染するので、一気に感染が広まって流行するのです。

▲目次に戻る

インフルエンザの種類

インフルエンザには大きく分けてA型、B型、C型の三種類があります。

C型インフルエンザは鼻かぜ程度で済む軽いものですので、一般的に言うインフルエンザはA型とB型を指します。
毎年流行している季節性インフルエンザはA型、B型のどちらかになります。

これに加え、A型インフルエンザが突然変異を起こして発生する新型インフルエンザがあります。
新型インフルエンザは季節性インフルエンザと違って体内に免疫が出来ていないため、感染が急激に広まって大流行(パンデミック)します。
また、新型インフルエンザは季節性インフルエンザよりも症状が悪化しやすいため死亡率も上がります。

▲目次に戻る

インフルエンザウイルスとは

インフルエンザウイルスの内部構造インフルエンザウイルスとは直径100ナノメートル(1万分の1ミリ)の小さな粒子です。
RNAという遺伝子を持ち、感染した細胞にこのRNA遺伝子を放出する事によって増殖していきます。
表面には2種類の突起があり、それぞれヘムアグルチニン(HA)、ノイラミニダーゼ(NA)と呼ばれております。

この2種類にはそれぞれいくつかの異なった形があり、その形の組み合わせでウイルスを分類することができます。
例えば毎年のように流行しているAソ連型ウイルスはH1亜型の「H1N1」、A香港型ウイルスはH3亜型の「H3N2」となります。
B型インフルエンザウイルスはA型に比べ、変異を起こしにくいので亜型も存在しません。

▲目次に戻る

新型インフルエンザ

A型のインフルエンザウイルスは変異を繰り返し、新しい亜型が増え続けております。
こうして発生した新型のウイルスはワクチンが効かないため、感染者が爆発的に増えて流行していきます。

インフルエンザは流行性感冒として古くからスペインかぜや香港かぜといった大流行(パンデミック)を起こしてきましたが、ここ最近では2009年の新型インフルエンザが話題となりました。
強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1)のパンデミックによって全世界で数千万もの犠牲者が出ると懸念されておりましたが、実際に流行したのは弱毒性の豚インフルエンザ(H1N1)でした。
結果として大した被害にならなかった為、インフルエンザによる脅威は去ったという認識があります。

ただし、この新型インフルエンザに対してタミフルが効かなかったという報告があります。
吸引型の治療薬であるリレンザは新型インフルエンザにも効果があったため、この時にはリレンザを希望する患者が急増しました。

▲目次に戻る

最悪の事態・スペインかぜ

スペインかぜとは、1918年に起こったインフルエンザのパンデミックを指します。
>人類初のインフルエンザ大流行であり、全世界で数億人の感染者と数千万人~一億人もの死者を出したと言われております。

スペインかぜのウイルスはH1N1亜型に分類されますが、鳥インフルエンザのウイルスが突然変異したものである可能性が高いと言われております。
スペインかぜの致死率は2%となっておりますが、死に至った感染者の多くは健全な若者でした。
原因として、1889年に流行した旧アジアかぜの際に耐性が出来ていた高齢者は重篤化を免れたからだと考えられています。
また、当時の医療技術が未熟であった事も流行の一つの原因とされております。

スペイン風邪ウイルスはアラスカの永久凍土から発見された感染者のゲノム情報をもとに再現され、インフルエンザウイルスの研究に使われております。

▲目次に戻る

あわや新型!?アジアかぜ

アジアかぜとは1957年に中国の雲南省から発生したインフルエンザで、スペイン風邪に次ぐ被害をもたらしたパンデミックです。
1947年に登場したイタリアかぜ(H1N1)が長期的に流行してはいたものの、全く別の形(H2N2)が突然発生して瞬く間に世界中へ広がっていきました。

新型であるこのインフルエンザウイルスに対する免疫を持った人間はいないであろうと思われておりました。
しかし幅広い年齢層から血清を採取した結果、70年以上前(1889年)に流行していた旧アジアかぜを体験している高齢者の体から抗体が発見されたのでした。
つまり当初は新型と思われていたこのH2ウイルスも、実は70年ほどの周期で繰り返されていたものである事が分かったのです。

▲目次に戻る

慢性的に流行・香港かぜ

香港かぜとは1968年に香港で発生したインフルエンザで、当時としては初のH3N2型ウイルスでした。
スペインかぜのH1、アジアかぜのH2にさらなる新型かと思われましたが、この時はインフルエンザに対する研究が進んでおりました。
前回のアジアかぜ同様に高齢者の血清を取り、H3型ウイルスの抗体を発見したのでした。

H3N2型は現在でも多数の亜型が存在し、H1N1型と並んで毎年流行する季節性インフルエンザとなっております。
なお、本年度(2015~2016年度)のワクチンにもH3N2型のウイルス株が含まれております。

▲目次に戻る

インフルエンザの症状

インフルエンザの症状として、急激に39度以上の高熱が出るのが特徴です。
初期症状は人によって様々ですが、主に高熱や強い悪寒、咳、頭痛、筋肉痛、食欲不振などがあげられます。
インフルエンザは風邪と間違えられやすい病気ですが、風邪に比べると発熱や悪寒といった症状が短時間で強く出ます。
また、インフルエンザは喉にウイルスが付着することによって感染するので、発熱に加えて咳が出た場合はインフルエンザである可能性が高くなります。

幼児や高齢者は肺炎などの感染症や脳症・脳炎といった重篤な疾患を引き起こす危険性があります。
インフルエンザから二次感染した肺炎は重症化しやすく、死亡に至る場合もあります。
また、脳症や脳炎における最も顕著な症状として異常行動があげられます。
異常行動は支離滅裂な言動をとったり予測不可能な行動を取ったりする症状で、この異常行動によりマンションから転落して死亡したケースもあります。

詳しくはインフルエンザの症状をご覧ください。

▲目次に戻る

インフルエンザの予防

インフルエンザを予防するには、できるだけ感染しやすい状況にならないように注意しなければなりません。
冬場の低温・乾燥といった環境はインフルエンザウイルスにとって好条件であり、人の免疫能力にとっては悪条件となります。
インフルエンザウイルスは感染する細胞がない環境ではすぐに死滅しますが、冬の低温・乾燥といった環境は過ごしやすくなるので空気中でなかなか死滅せずに漂い続けます。

対してこの環境において人の体内にある線毛という器官の働きが低下し、喉や肺などの気道に異物が入り込みやすくなります。
こういった事が重なって感染者が徐々に現れ、やがて子供に感染すると学校で急激に広まる傾向があります。

1994年までは小中学校でインフルエンザの予防接種が義務付けられておりましたが、明確な効果がない上に副作用による死亡例があったために廃止されました。
こうしてインフルエンザは流行していき、病院へ駆け込む患者が急増するのです。

インフルエンザが流行しやすい冬場においては、手洗い(消毒が好ましい)やうがいをきちんと行い、ウイルス感染を防ぐことが大事です。
また、体の免疫力を保つためにしっかりと栄養のとれた食事をし、十分に睡眠を取りましょう。
屋外に出る際には予防のためにマスクをし、人が多い場所は極力避けるようにします。
室内では加湿器や濡れタオル等を使って湿度を下げないように注意します。

インフルエンザ治療薬を用いた予防方法もあります。

詳しくはインフルエンザの予防をご覧ください。

▲目次に戻る

インフルエンザの検査

高熱が出て、身体中がだるい。周りにインフルエンザの人もいたから自分も感染したかも。
そう思って病院に行って検査をしても、インフルエンザかどうかわからない場合があります。検査を受ける時期や料金はどのくらいかかるものなのでしょうか。

インフルエンザの検査は病院に行けば30分程度で終わる簡単な検査ですぐに結果が出ます。
料金は全国一律で、医療保険が3割負担の場合は約1700円になります。

しかし、検査を受ける時期が早すぎるとインフルエンザに感染していても陽性の反応が出ないことがあります。
インフルエンザウイルスは感染してから12時間以上経ってから受けるのが良いと言われています。
発症から12~24時間経過しないと、感染していたとしてもウイルス数が少ないため正しい結果が出ないのです。

インフルエンザだとわかった時点で抗インフルエンザウイルスの服用をしますが、この薬は発症から48時間以内に服用を開始しないと効果がないと言われています。
そのため、検査を受けるタイミングは早すぎても遅すぎても正しい結果は出ないのです。

適切なタイミングで検査を受けることで、適切な治療を受けることができます。
何度も病院に通って金銭的、肉体的な負担というような事にならないように注意しましょう。

▲目次に戻る

インフルエンザの治療薬

インフルエンザ治療薬として国内で処方されている薬は、主にタミフルやリレンザ、イナビルなどがあります。

タミフルは、ノイラミニダーゼという糖タンパク質の酵素を阻害することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きのあるインフルエンザ治療薬です。
インフルエンザを発症した際に使用することでインフルエンザウイルスの増殖を抑える働きだけでなく、予防を目的として利用することもできる治療薬です。
リレンザやイナビルもタミフルと同じノイラミニダーゼ阻害薬ですが、タミフルが経口薬(飲み薬)であるのと違い、リレンザとイナビルは吸引型のお薬になります。ちなみにラピアクタという点滴薬もあります。

インフルエンザの治療薬で最も有名なお薬はタミフルであり、経口薬で吸引型に比べて飲みやすいというメリットがあります。
しかしタミフルには「薬害」というデメリットもあります。
タミフルには服用した結果脳症による異常行動で死亡事故がたびたび起きてしまった事から、薬に対する危険性が問題視されており、現在では処方する年齢が制限されてしまいました。
さらにタミフルはすでに薬への耐性があるインフルエンザウイルスが発見されており、薬の効果が薄れてきているという問題も相まって、昨今ではインフルエンザの治療薬としてはリレンザを使用する患者が増えてきています。

これらの治療薬はインフルエンザウイルスに感染してから48時間以内に薬を服用することで、熱などの症状が発症する期間を短期間に抑えることできます。
逆に48時間を経過してしまった場合、服用しても有効性は低くなってしまいます。
インフルエンザ治療薬は感染後いかに早急に服用するかでインフルエンザの発症期間が大きく変わってきますので覚えておきましょう。

インフルエンザ治療薬はインフルエンザウイルスに対してとても高い治療効果がありますが必ず守らなければならない事があります。
インフルエンザの薬の服用は「たとえインフルエンザの症状が治まったとしても、必ず所定の服用期間飲み続けなければならない」という事です。
風邪の場合は、風邪の症状が改善したら使用を風邪薬を服用するのはやめるということが一般的ですが、インフルエンザの場合薬の効果で症状が治まったとしてもウイルスはまだ体内に残存している可能性が高く、服用をやめると症状がぶり返してしまう可能性があります。
タミフル・リレンザ共に治療における服用期間は5日間となっております。

詳しくはインフルエンザの治療薬をご覧ください。

▲目次に戻る

インフルエンザと解熱剤

インフルエンザにかかったとき、高熱が出る場合がありますが、それを下げるために解熱剤を使用するときは少し注意が必要です。
なぜなら、解熱剤の種類によってはインフルエンザ脳症にかかる可能性が高くなるからです。

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザウイルスの感染によって脳が炎症と同様の症状を引き起こす疾患です。
特に子供はインフルエンザ脳症にかかりやすく、ひどくなると後遺症が残ったり死亡するケースもあります。

インフルエンザにかかっているとわかったら、ボルタレンやポンタール、アスピリンなどの解熱剤は禁忌だとされています。
アスピリンは子供が服用することでライ症候群などの病気になる恐れもあります。
また、大人用バファリンも、アスピリンと同じサリチル酸系なので禁忌です。
しかしながら、高熱で苦しんでいる子供をなんとか苦しみから解放してあげたいと思うのは親であれば誰でも思うものです。
使用したい場合は、アセトアミノフェン系の解熱剤を使用するようにしましょう。
主なアセトアミノフェン系の解熱剤として、小児用バファリンなどがあります。

発熱は体の免疫能力がそれだけ体の中でウイルスをやっつけようとして戦っている証拠なので、無闇に下げるのは良くないという医師もいます。
特に12~3月までのインフルエンザの流行する時期に高熱を出した場合には、以前に処方された解熱剤を使用するのではなく、まずは医療機関に行くことをおすすめします。

詳しくはインフルエンザと解熱剤をご覧ください。

▲目次に戻る

インフルエンザにかかったら

インフルエンザにかかってしまったら、とにかく安静にして睡眠を十分とりましょう。
また、こまめに水分補給を行うことも大事です。
ポカリスエット等、体内に吸収されやすいスポーツ飲料が良いとされています。

咳やくしゃみといった症状があれば、周囲に配慮して鼻からあごまでしっかりとマスクをしましょう。
人混みや繁華街を避け、無理な出社や登校などは控えるよう心がけましょう。

▲目次に戻る

インフルエンザの体験談

インフルエンザに感染したお客様から寄せられた体験談の中から、いくつかピックアップしてご紹介します。

ひどい高熱でした

拓也さん(25歳/会社員)

つい1ヶ月前、仕事の途中で具合が悪くなってしまって早退をしました。
症状としては、高熱が出るだけではなく、咳、喉の痛み、そして寒気に襲われてしまったのです。

さすがに自力で治すのは困難と判断して、すぐさま病院に駆けつけた結果、なんとインフルエンザでした。
インフルエンザになってしまえば会社もしばらくは休まなくてはなりません。
作業途中のものを自宅へ持ち帰ったものの、頭がぼーっとして仕事どころではなく、ただただ療養をして治すのに精一杯でした。

初期症状で風邪だと思った

エゴ・ラッピンさん(31歳/会社員)

まさか自分がインフルエンザにかかったとは思いませんでした。
ちょっと具合が悪いなと思っていたら、咳が出て、悪寒がひどくなってきました。
てっきり風邪がひどくなったのだと思っていたのですが、その晩には急激に熱が上がり、病院に行ったところインフルエンザと診断されました。

咳とか悪寒のことを伝えると初期症状としてよくあることと教えてくれました。
インフルエンザ特有の症状はないのかと聞いてみましたが、風邪との違いは初期症状では分からないことが多いとのことでした。

風邪とは違うんですね

マリさん(24歳/フリーター)

インフルエンザにかかった時に一番驚いたのが初期症状が風邪と同じだったことです。

インフルエンザといえば高熱や咳がひどいとは知っていたのですが、風邪だとばかり思ってました。
熱に対しても解熱剤を使うのだと思ったら、インフルエンザは解熱剤使わないんですね。
ウイルスと戦っている証拠だから解熱剤は使わない方が早く治るんだとか。

症状の重い風邪だとばかり思っていたのでお医者さんに説明された時にはいろいろと驚きがあり、注意しなくちゃいけないのだと改めて思いました

インフルエンザ予防をしっかりと

4児のママさん(34歳/主婦)

インフルエンザにかからないようにするためには、自分でできることをして守るしかないと思っています。

家では乾燥しがちな冬は加湿器をしようしています。また手洗いは抗菌のハンドソープを使用して洗い、菌を家に持ち込まないように努力しています。
また食事はできるだけビタミンの多いものを摂るようにしています。
こういった予防を徹底することで、以前よりも家族がインフルエンザにかかることがだんだん減り、今ではみんな冬でも健康です。

予防接種で発症したけど

みずほさん(21歳/学生)

毎年、インフルエンザの予防接種を行っています。
ですが、家族がインフルエンザに感染した際に、私も発症してしまったことがあります。

症状は高熱ではなく微熱程度と、寒気と関節の痛みがあったのを覚えています。
近くの医院で診察を受けて、点滴をしてもらうことになったのですが、先生や看護師の方からは『予防接種の効果があったから症状が軽減されたんだと思います。ひどくならずにすんで良かったですね』と言われたことが頭に残っています。

予防接種はこういう効果もあるんですね。

子供の学校で流行して

ストラトさん(35歳/会社員)

子供が通っている学校では、やはりインフルエンザが流行しやすいですね。
集団で行動していたり、狭い教室で授業を受けたりしていることもあってあっという間に広がります。

去年はうちの子供もインフルエンザに感染してしまいました。
どうしても避けられないものではありますが、早めに病院に行き薬を投与することで長引くことはありませんでした。
手洗いやうがいを徹底していましたが、帰ったらすぐにお風呂に入らせ新しい服を着させるなどもっと予防が必要だと感じました。

流行する前にリレンザを

あやみさん(40歳/主婦)

インフルエンザが流行する前に、予防のためにリレンザを使ってみました。
長男が受験の直前だったので、どうしてもインフルエンザになるわけにはいきませんでした。
家族にも協力してもらい、リレンザを使ってもらいました。

長男の学校ではインフルエンザが流行して学級閉鎖になっていましたが、うちの一家はかからずに済みました。
リレンザの効果があったようです。

流行する前に予防のための使っておいて良かったです。
万全の体調で受験することができました。

予防接種の副反応が出ました

だん吉さん(51歳/会社員)

私は季節性のインフルエンザを予防するために、近くの内科のクリニックで予防接種を受けました。
予防接種を受けてしばらくすると、注射した部分が赤く腫れて、痛みや痒みなどの副反応が出ましたが、軽い程度だったので、2、3日で改善したのでほっとしました。
医師に聞いてみると、インフルエンザの予防接種を受けるとウィルスによる抗体ができるために、副反応が出ると説明を受けました。

2人に1人ぐらいの確率で副反応が出るそうです。

Copyright(C) 2016 インフルエンザ All rights reserved.